日本語教師はやりがいを感じられる仕事

まずは知識をつけよう

勉強道具

日本語教師に向いている人とは

どんな職業にも向いているものと向いていないものがありますが、日本語教師にも同じことがいえます。どのような人が活躍しているのか、人物の特徴を知りましょう。

READ MORE
女の人

独学で日本語教師になれるのか

専門学校に通うだけで数十万円が飛びますから、お金がない人には辛いでしょう。独学で立派な日本語教師になった人もいますので、検討しましょう。

READ MORE
勉学

こんな場面でも活躍している

日本教師になるのはいいけど、仕事内容が分からないと目指せませんよね。日本語教師はただ言葉を教えるだけではなく、様々な部分を生徒に教え込んでいきます。

READ MORE
男性

就職先を決めよう

海外で活躍するなら、仕事探しも働きたい国で行なうことになります。言葉が通じなくても効率よく探す方法がありますからぜひ参考にしてくさだいね。

READ MORE

説明会に参加しよう

専門学校の全カリキュラムを終えた後は、修了生と受講生を対象にした就職説明会に参加をしましょう。日本語教師の採用をもらうコツとポイントやどのような教師が求められているのかが説明会でわかります。

まずは知識をつけよう

勉強

条件を満たすことが重要

基本的に、日本語教師は教員免許が不要になるため誰でも志すことができる職業ともいえます。ただ日本語の知識と教え方が身に付いているかが重要であるため、専門学校に行き一から叩き込む必要があります。日本語教師になる方法は、日本語教師養成講座420時間コースを修了するか、日本語教師能力鑑定試験に合格しているかが条件になります。いずれも日本語教師を育てる専門学校に通うのが普通で1年から1年弱、最短だと半年修了できるコースがあり、比較的短い期間で日本語教師に必要なノウハウを身に付けられます。

大手の専門学校はココがすごい

日本語教師になるためのポイントやコツを指導する専門学校では、豊富な模擬授業と指導に必要なスキルを叩き込む場所に打ってつけです。最短3か月ですべてのカリキュラムを終えられますが、深く掘り下げて学びたいなら、一年間みっちり勉強する手もあります。理論と実技を交えた授業では、両方の知識をバランスよく学べると人気で、日本語教師と仮定した演習や実習では学んだ事をここで発揮することができます。高く評価されると他より早く就職先が見つかるでしょう。

即戦力が身に付く

知識も重要ですが、日本や絵画で求めらるのは知識よりも先に即戦力です。他の教師より知識が豊富でも、授業に対して素人なら現場で活躍するのはほぼ無理と考えます。実際にこのような考えで効率の良いカリキュラムを組む専門学校もありますから、即戦力を身に付けて日本語教師に能力を高めたいなら適切な学び場です。

就職が有利になる

日本語教師としての資格だけでは就職はできないというのが学校側の考えです。そのため、資格取得だけではなく就職を目標とした指導を徹底しています。就職率ナンバーワンを誇る専門学校は、集団授業ではなく少人数で授業を展開し、日本語教師のノウハウを体で覚えさせていきます。これが高い就職率に繋がっているのです。

広告募集中